串本町から依頼可能な車買取店に”いま愛車がいくらなのか”を調べるために査定をお願いしたい!”その他にも”愛車買取も頼みたい!”さらに”愛車を一番高く売ることができればいいな・・・”

そのような希望をお持ちの串本町近辺にお住まいの方に愛車の高価買取を実現するためのコツを厳選でご紹介しています。

そもそも串本町周辺に拠点がある車買取店にはアップル、ガリバー、カーチス、ビッグモーター、ラビットなどなど大手車買取業者以外にも串本町周辺の地元で拠点がある車買取専門店もたくさんあり、これらの車買取店を加えると、非常に多くの数の中古車買取専門店が拠点を構えていることになります。

その上、和歌山県で営業している車買取業者を含めるとより広範囲になるということもあり、数えきれないほどの中古車買取業者から相性が良いお店を見つけなくてはいけないということになるわけです。こうなると、結局どの中古車買取業者に査定してもらえば高価で売れるのかを把握することは特に困難だといえるでしょう。

車買取査定専門店を一件、一件、くまなく調べていくととてつもない時間を消費してしまうため、できることならさっさと高値で買い取ってくれる車買取査定業者を見つけられたらいいですよね。

こういう時に登場したのが、一括査定という査定システムです。⇒大手の車一括査定サイトをランキング形式でまとめてみました。私の愛車(ライフ)はここで下取りよりも25万円以上も高く売れました。

一括査定について説明しますと、複数の車買取査定業者に一括で愛車の評価額の査定をしてもらえる使いやすいシステムになります。

このような一括査定のメリットはきちんと活動している様々な車買取業者にまとめてお好きなお店を申し込めるのでどういった車買取専門店が高値で売却できるのかを瞬時に調べることができることです。

「車の見積もりは中古車買取専門店1ヶ所だけに査定してもらうだけでそれでいいのでは?どうせ価格もどこのお店も大して変わらないでしょ?」と思ってしまう方もいるんじゃないでしょうか。

しかしながら、車買取店1社のみでの査定となると競ってくるお店がいないのでお店側から見れば無理をしてまで高値を掲示する必要がないことは心得ておく必要があります。

たとえば1店舗のみしか申込しなければ対象車の査定価格が1社分しか確かめることができないので、安めの車査定価格を掲示されても指標となる別の中古車買取業者の価格が知ることができない状態なので、掲示額が安値だったとしても見抜くことができません。結果的に愛車を高値で買取してもらうことは困難になります。

さらに車買取査定専門店は各社が車の評価基準が異なるため、全然違った査定額を示してくることも頻繁にあります。ですので、なるべく多めの車買取査定業者に愛車の査定を依頼したほうが”高値で売りやすいコツ”といえるでしょう。

具体例をあげますと、A社62万円、B社70万円、C社56万円、D社95万円、E社73万円といった感じでそれぞれの車買取査定業者ごとに車の評価額が変わってきます。

このように車の買取価格にズレが生じてしまうのは、それぞれの車買取店がその車種に対して販売に熱意があるのかそうでないのか、得意か不得意か、といったことも影響してくるからというのが主な理由です。

どういう車種に対してどのような買取店が真剣なのかという裏事情を見極めるのは非常に困難ですので、こういったことを考えなくても高く売れるお店を探すことが実現できてしまうのが一括査定サイトの魅力になります。

とはいっても一括査定は基本的には親切な買取店が普通なのですが、めったにないことではあるのですが、常識が通用しない営業マンもいるらしいので良い口コミもあれば悪い口コミもでてきます。なかでも全国区で有名な車買取査定業者ほど依頼者が増える傾向があるので悪い評判の一個や二個はでないほうが不自然ではないでしょうか。

しかし、一番目に重要視したいことは”良い評判はどうしてよいのか?悪い評判の背景はどこにあるのか?””ごたごたを回避するためにはどのように対応すれば避けられたのか”ということではないでしょうか。

そこで、一括査定を体験した方のあるある的な良い評判と悪い評判をご案内していきます。これらの評判からトラブル対策法を知ることで車の一括査定がスムーズにできるようになります。

ちなみに口コミ・評判は実際に一括査定で取引した人でないと書き込めない楽天オートの口コミ・評判です。それでは、さっそくリアルに一括査定サイトで車買取された方の良い口コミと悪い口コミの内容を取り挙げたいと思います。

”10年で12万キロ以上乗られたカローラ”が車の一括査定サイトで複数の買取店を選択することで下取りより8万円アップ!”下取りに出さなくて得した”という良い口コミ

新潟県良かった口コミ6上図の評判はすでに10年以上経過していて走行距離も12万キロ以上のトヨタカローラランクスを車買取査定業者に11万円で買取してもらったということが書かれています。

ディーラーの下取り査定による算出価格は3万円ということなので、8万円アップでの買取というようなとても素晴らしい結果だったことがわかります。一括査定サイトで車買取店同士を競争させると、こういった感じで下取り査定価格よりも高く売ることが可能です。

8万円の差ってとてもすごいですよね。ただ売るところを考え直すだけでこの差です・・・。

年式も10年以上前の車で走行距離も10万キロを超えている状態ならディーラーの下取り評価額では条件によっては”需要がないので・・・”とか”処分の手数料が発生します”など言われてしまうことが多いので、あきらめモードの方も多いのではないでしょうか。

ところが、ディーラーによる下取り査定で無価値と言われた車でも一括査定の中古車買取専門店次第では予想外に高い価格になることがよくあります。

こういう流れで愛車のプライスがわかる車買取査定業者なら思わぬ高値になることもあります。こういった背景により愛車の価値を見出してくれる車買取専門店をみつけるためにも一括査定サイトでなるべく多くの中古車買取業者に査定を頼むことはとても必須な事ではないでしょうか。

”もはや15年経過してしまっているいすずのビッグホーンが67万円上乗せでの高値売却に!”車種ごとに販売が得意な中古車買取専門店を発見したことでディーラーの下取り査定よりもびっくりするほど高い値段で売却できた方の評判

楽天オート福島県高く売れた例やはりというべきか、すでに15年経過のいすゞのビッグホーンがディーラーに下取り査定価格を尋ねても8万円という低評価にしかならない現実が上図の口コミからわかります。仮にこのまま下取りにだしてしまうと8万円でしか引き取ってくれないことになります。

けれども、一括査定サイトで複数の中古車買取業者で愛車を査定してもらうことで75万円というびっくりな結果になったということが口コミからわかります!びっくりするのがディーラーの評価よりも67万円もの上乗せになった事実です

十中八九下取り査定では”15年も経過しているので”とマイナスポイントだけを指摘され走行距離が35000~40000キロと意外なほど少ない走行距離である点を評価対象にしてくれなかったということがわかります。

ディーラーに下取り評価してもらうとマイナス評価ありきなのである程度、予想できた結果ということになります。

けれども通例では1年間での車の走行距離は約1万キロが走行の基準ということもあり、15年前の車であれば15万キロ以上の走行距離が水準となります。

したがって今回のビッグホーンのように走行距離が35000~40000キロであればどんなに少なくても10万キロまでに6万キロ以上も空きがありますので、そういうことを価格アップしてくれる車買取店があっても不思議ではないということになります。

今回の口コミでは一括査定サイトによりできる限り多くの車買取査定業者に査定してもらうのみでビッグホーンのプライスがわかるところに出会うことができたといえます。愛車の価値がわかるお店にはわかる!そういうことがこの口コミ体験談から伝わってきます。

できる限りたくさんの車買取業者に査定してもらうことで、値段が上がり、トヨタのプラドが下取りより30万円も多く売却に成功された方の口コミ

楽天オート北海道ランクル良い評判

ランクル系は結構需要がありますので査定価格が下がりにくい車種という風にいわれています。このようなことからディーラーのところへ下取りならいくらになるのか聞いてもそこそこの下取り評価額を言ってくるのですが、その下取り評価額で取り決めてしまうと、はっきり言ってしまえば”ディーラーの思うつぼ”ということになります。

上の画像に記載されている経験談・口コミでも記載のとおり一括査定サイトでなるべく多くの車買取業者に査定してもらうと、”他の店に負けたくない”などのように信念を多くの中古車買取専門店の営業マンが感じることになることから、最終的に売却価格の上昇が起きることがよくあります。

びっくりすることに上の画像に記載されている体験された方の口コミによると新車とほぼ変わらない価格でランクルプラドを売却することに成功したと意思表示をされているのでかなり意味のある売り買いだったということがわかります。

ホンダエヌボックスをさりげなく下取り査定価格よりも19万円も高く買取してもらった方の体験口コミ

楽天オート北海道ランクル良い評判2ディーラーの下取り査定価格では106万円だったのに、一括査定サイトでたくさんの車買取業者にホンダエヌボックスを査定するようにお願いすると19万円上乗せの125万円で売却できた様子が上記から読み取れます。

さらに口コミでは車買取店のセールスマンの応対がかなり礼儀正しくて良いと書き込んでいますね。往々にして世間の評判によっては営業マンの態度が横柄なのような評判を読んだりしますが、おかしな営業マンはごくごくわずかの話です。

私は過去に何度も一括査定を使わせていただいているのですが、悪徳と呼ばれる営業マンに遭遇したことが一度もありません。ですが仮に態度が悪い営業マンに出くわしたときには交渉を中断してお引き取り願えばいいだけですので、果敢に価格交渉にチャレンジしてみることをおすすめします。

それよりも一括査定を使用しないことで車を下取りよりもアップで売却するきっかけを失ってしまうほうがチャンスを逃してしまうことになるのでもったいないです。

”16年以上で経過していて14万キロも乗りつづけられてきたトヨタのタウンエースノア”が予定していた価格までいかなかった方の体験口コミ(泣)

楽天オート北海道ランクル悪い評判116年以上経過している車で走行距離数も14万キロのトヨタタウンエースノアを一括査定サイトで複数の車買取専門店に査定してもらっても35000円という査定価格に・・・。

とはいいましてもディーラーに下取りしてもらったかどうかが記載されていないので、ディーラーに下取り評価額を確認されたかどうかわかりませんが、評判によるとマイナス査定と記載されていますので、ディーラーに下取りしてもらった価格よりも低かった可能性もあります。

一部にはこのような実例もありますが、たまたまトヨタノアを手に入れたいと考えている車買取査定業者が見つからなかったということもあります。もし不服な査定価格を示されてしまった場合には売りたくないときには売却する必要性はまったくないです。

車買取店と売買契約を交わさなければ交渉を断っても損害金が発生することはないです。さらにこれまでとは別の一括査定システムを活用すると提携している車買取査定業者もまた違ってきますので納得できる査定価格を掲示してくれるまでいろんな一括査定業者を活用することで希望に沿った価格で売却できる機会はあります。

営業電話がたくさんかかってくることで対応に苦慮した評判

楽天オート北海道ランクル悪い評判2一括査定サイトで複数の中古車買取専門店に査定を申し込むと一つの車買取店につき1~2件ほどの電話がかかってきます。

私も初心者だったときにはこんな感じだったのですが一括査定会社をまったくチャレンジしたことがない状態で使用される方にとって、あちこちから電話がくると”この先鳴りやまなかったらどうしよう”と不安にかられることもあると思います。

けれども、一括査定サイトに依頼することで電話が鳴りつづけたとしても”かかってきた当日だけが一番多い”だけで次第に電話が来なくなりますので安心してくださいね。

こういった感じでたくさん電話が多く来るのはライバル業者よりも早く買い取りしたいというような背景がきっかけになっているからというのが一番の理由です。なのでもしも、対応が不可能だと思ったときには”もう売りました・・・”というだけで、電話が鳴らなくなります。

しかし”個々の車買取査定業者からの電話”はセールスマンの応対を把握することができたり、査定評価額はどのくらいを掲示してきそうかを調べるチャンスともいえます。

電話で感じが良い車買取専門店のみに選択して交渉することで有利な売買交渉が可能になりますので、電話に避けてしまうのはやっぱり”もったいない”のではないでしょうか。

どうやっても電話でのやり取りが苦手という方は”電話でなくメールでのやり取りにしてほしい”とメールにて返信するという手立てもあります。

どうやっても電話応答が苦手だなという場合には査定依頼をやめてしまっても仕方ないですが、電話に抵抗を感じなくなったら電話を有効活用することで有利な車買取店を発見する術にできるので、積極的に高値で売却できそうな中古車買取専門店を見つけるために電話で店員の態度を見極めたいところです。

悪徳なスタッフに出くわした!?売買契約を取り交わした後で30万円の減額を求められた方の口コミ(迷)

楽天オート北海道ランクル悪い評判3上図に記載されている経験談・口コミではセールスマンがはじめは76万円で買い取りたいと宣言していたのにセールスマンが車を受け取った後で”車が走行できなくなった”ということでセールスマンに言いがかりをつけられ30万円の受け渡し額のカットを求めてきたと書かれています。

こんな具合に契約する前に一番高いプライスを掲示してきたのにも関わらず、売買契約を交わした後でプライスの減額を主張してくることを二重査定とか再査定とか呼ばれたりしています。

今回のケースではほんとに車が走らないのかということをチェックするのが適切だったともいえますが、もともと、”契約を交わした後でのプライスダウンは認める必要はない”と消費税生活センターの資料にも記載されています。

ですので、このように30万円のプライスダウンを強要されたときにはとにもかくにも消費者生活センターに相談することをおすすめします。

契約後の車両の瑕疵を理由にした契約の解除や減額は、原則として認めなくてよい査定して契約後、「よく調べたところ車には事故歴があることが判明したので、買い取り額を減額する」「修復歴があることがわかったので解約する」などと、事業者から、減額や解約を求められることがある。 車両に「隠れた瑕疵」があった場合、事業者は消費者に対し、瑕疵担保責任に基づいて損害賠償および契約解除を求めることができる。しかし、事業者は査定のプロであり、通常の注意を払えば修復歴などは発見することができるものであり、事業者側に過失があったということができる。このように過失があった場合には、瑕疵担保責任を求めることはできない。また、「契約車両に重大な瑕疵の存在が判明した場合には、契約を解除することができる」といった、事業者の過失の有無に関わらず解除できる条文が契約書にあっても、この条文は消費者契約法第10 条(消費者の利益を一方的に害する条項の無効)によって無効とする主張が可能である。注6車両の瑕疵を理由にして、契約後に買い取り価格を減額された場合には、この考え方をもとに交渉すること。引用:消費生活センターの資料より

プラスアルファとして査定した中古車買取専門店が一般社団法人の日本自動車購入協会の会員業者日本自動車流通研究所の会員業者であれば”契約後の買取額の変更は完全に無効”とすることができます。

つまり、車買取査定業者が上記の団体の会員なら一般社団法人の日本自動車購入協会に相談することで解決へ向かうように手助けしてもらえます。

このような背景からごたごたを回避するために一括査定会社のかんたん車査定ガイドの提携業者でも契約後の査定額の変更を許可していませんので、ごたごたが嫌だという方は進んで活用してみましょう。

こういった具合に批判的な口コミもありますが、全体からみればごくわずかです。ちなみに私は全く初心者の状態でしばしば一括査定業者を使っても、今までにトラブルに遭遇したことはありません。

むしろ、一括査定は下取り価格よりも上乗せして売却する好機を手に入れられるメリットが大きい割にはトラブルが少ないでしょう。⇒私が使っている大手の車一括査定サイトをランキング形式でまとめてみました。

車の買取と下取りはこんなに違う!

車の下取りとは”メーカーの販売店で車を買い求めることを約束として必要なくなった車を”引き取ってもらう”ことで購入対象車の価格を値引きしてもらう手段のことです。

車を新規に購入するということはこれまでに乗車していた車は乗らなくなる場合が多いです。そこで、”要らなくなった車は引き取ることができます。”というやり取りのことです。一見、親切で便利なサービスのように思わされてしまいがちですが、その反面、予想外に安く売らされるリスクがあります。

車の下取りはエアコンの下取りと共通している点があります

よく、テレビでは通販番組のライブ放送を目撃しますよね。そして商品のプライスを表示するときに以下のような進行を見たことがあるかと思います。

10万円のエアコンが今なら100個限定で1万円引き!おまけにお使いのエアコンを下取りに出していただくとしかも1万円引き、合計2万円引きになります!しかも取り付け手数料15000円分が無料!69800円でいかがでしょうか?分割払いもご利用可能ですよ~~~。

このように新商品を購入する場合に不要になったものを引き取ってもらう代わりに値引きもしてもらうということが下取りという方法です。つまり、下取りとは処分みたいなものなので商品の価値は考慮してくれません。

なので、いくら年式の新しいエアコンでも、どんなに使い物にならないエアコンでも同じ1万円の値引きを条件に引き取ることが多いです。

本当なら、使い物にならないエアコンよりも年式が比較的新しいエアコンのほうが高く売れるように思いますよね。しかしながら、実際には同じ下取り価格で引き取られてしまうということになります。

つまり、エアコンの下取りは購入予定のエアコンの値引きをすることが前提となっているので、下取り対象のエアコンの価値は重要視されないことが多いです。

そして、車の下取りはエアコンの下取りとも類似している点があります。ただ、車の事例ではもともとの値段が高いのですこしばかり事情が異なり、車種ごとの相場に応じて下取り相場を決定するところにエアコンとの違いがが当然ながら生じます。

ですが、”どんなに走行距離が少なくても、比較的綺麗に使用していた外装、内装だったとしても、需要がある車だったとしても”下取りにだしてしまうと、ディーラーにとっては買い取るのではなく、”引き取る”感覚でやり取りされてしまう点に注意が必要です。

こういった背景がありますので親しい間柄のディーラーのセールスマンに欲しい車の値引きを求めると以下のような駆け引きをされることが結構見られるパターンです。

営業マン「わかりました。○○様は日ごろからお世話になっておりますので、10万円値引きさせていただきます。そして、現在、お乗りの愛車は下取り査定価格として5万円になるのですが、下取りに出していただければ、今回は大幅下取りさせいていただいて20万円、合計30万円の値引きとさせていただきますけど、いかがでしょうか?」と・・・

値引きが30万円と言われると、値引き額としては結構多い印象がありますので”値切り交渉がうまくいった”とか思ってしまいがちですが愛車の価値をしっかりと確認しないで下取りにだしてしまうと営業マンの手のひらで転がされてしまうかもしれません。ひとまず冷静になってホントの意味で金銭面で得したのか考えてみる必要があります。

もしかするとその愛車を一括査定でできる限り多くの車買取業者に査定依頼するとたとえば50万円以上で売れてしまう可能性も否定できません。もし一括査定のほうが高めに売れるのなら下取りにだすのは気が引けますよね。また買取店同士を競わせれば60万円以上で買ってもらえる可能性だってあります。

30万円の値引きで交渉成立できたのにもかかわらず実際にはさらに20~30万円損していたという場合は結構ハマりやすいケースです。

このようにディーラーの営業マンは下取りではその愛車のプライスは考えないで手慣れた交渉術で可能な範囲で安めに買い叩きます。そして、後ほど業者たちが集うカーオークションなどで転売してディーラーの利益につなげて営業成績を伸ばします。

以前に起きた事例ではとあるディーラーの担当のセールススタッフがディーラーに内緒で転売することでセールスマン自身の利益にしようとしたこともあったそうです。

一括査定にありがちなトラブルと対処法まとめ

出張査定で査定スタッフを自宅に招くと契約するまで帰らなくなる体験された方の口コミってホント?

たまにですが気遣いがない営業マンのありがちな行動パターンとして”自宅に居座ると、売買契約してくれるまで帰ってもらえない”ということが口コミで書かれているのを見かけます。

ビギナーとして一括査定業者を使用される方にとってタチの悪い営業マンに遭遇することに心配になるかと思いますがほんとのところはこういうしつこいセールスマンは”まれな話”ということがわかりました。

消費生活センターによると以前は東日本大震災でかなりの車が流されてしまったことで車が入用になったご家庭が増加したため中古車があほみたいに売れまくりました。

こういったことから無理強いしてでも車を買い取るセールスマンが多かったと言われています。

こういったトラブルが社会問題化されたことで中古車業界の健全化がすすみ、現在では大幅に減りました。しかし、万が一にでも悪質な査定スタッフに遭遇してしまったらどう対処していいか不安になりますよね。

ちなみに私の経験では一括査定でなるべく多くの車買取業者を同時に査定にきてもらいオークションみたいに競ってもらい下取り査定価格よりも最低でも5~10万円以上も価格を吊り上げて売却してしまうので店舗スタッフが帰らないという出来事はいままでに経験したことがありません。

ですので、万が一、店舗スタッフが家から帰らなくなることを心配されている方は一括査定システムに申し込むことで同じ時間帯になるべく多くの車買取査定業者を呼び出してセリ方式で下取り査定価格よりも高く、なおかつ一番高いところに売ってしまうのが一番の解決策になります。

実際の営業マンの態度がわかる音声動画を一挙公開!

はじめて一括査定を利用される方にとって出張査定にくる店舗スタッフの態度が知りたいですよね。そこで、専業主婦のMEGUMIN様に営業スタッフとのやり取りを記録した音声動画を送付していただきました。

ぶっちゃけていいますと、営業スタッフのほとんどは好印象です。

以下は専業主婦のMEGUMIN様が一括査定事業者を使用したときの営業スタッフの様子がわかる画像と音声動画ですが、3人とも相当常識が通用する紳士です。

taikendan1meishi+

カーセブンの店舗スタッフの査定の様子です。
↓↓↓
taikendan1sateishi+

さらにカーセブンの営業マンのリアル音声を聴くことができます。誠実そうで、まじめな方で信頼できる方だということがよくわかります。
↓↓↓

続いてビッグモーターの営業マンの査定の様子
↓↓↓
taikendan1sateishi2+

さらにビッグモーターの査定スタッフのリアル音声を聴くことができます。人柄もよく仕事バリバリの方ということがわかります。
↓↓↓

カーチスのセールスマンの査定の様子です。
↓↓↓
taikendan1sateishi3+

カーチスの営業スタッフの音声が聴けます。とても良い方なのがわかります。

専業主婦のMEGUMIN様は今回で2度目の車一括査定だったとのことですが、今回のアクアはちょっと希望額に足りないとのことでその場で売らずに営業マンの方々にはお帰りいただきました。

リアル音声いかがでしたか。3人とも人当たりがよい感じがしますよね。この方達のように店舗スタッフはしつこくないし、その場で売る気が無いとわかれば、すぐに帰りました。相当常識人ということがわかりますね。

契約するまで家からなかなか帰ろうとしない営業マンに万が一出くわしてしまったら!?そんなトラブルのために常識が通用しない査定スタッフから身を守る対処法を記載しておきます。

これまでの一括査定体験ではほとんどの営業スタッフは常識的な方ばかりなのですが、たまに非常識な店舗スタッフが現れることも体験口コミからわかります。おそらくどうしても目の前に買い取りたい車があると、営業マンは”自分の営業成績アップのために買い取りたい!””他のライバル業者よりも早く買い取りたい!”という風に気持ちがでてしまうのが要因なのかもしれません。

いろいろなことを考慮すればこういった店舗スタッフとの1対1だけの話し合いになると、営業トークで査定スタッフのペースに運ぼうとしてくる可能性は当然あると思います。そして、そういったしつこい査定スタッフに限って高価買取しないという話をよく聞きますので、自分中心主義のセールスマンとはかかわらないほうが無難といえます。

そして査定スタッフは車買取業者に使われている立場なので立場としてはたいしたことはありません。なので交渉内容が満足いかないときにはきっぱりと断るのがいいでしょう。

ということで本題になりますが、しつこいセールスマンを避ける対処法は以下の3つがあります。

対処法1:自宅の近くの広場、公園などに呼ぶ。

対処法2:一度に複数の買取業者を呼び寄せ同時査定を行う。

対処法3:営業スタッフに魔法の言葉をかけてかえってもらう。

対処法1:自宅の近くの公共広場、公園などに呼んでしまう。

査定をしてもらうときに査定スタッフに無料出張査定してもらうことが多いのですが、そもそも、査定スタッフを自宅に呼ばないで、近くの公共広場や公園などに呼んでしまえばセールスマンが帰らないなんて事態は発生しません。

このようにすることで話が通じない査定スタッフに対しては、「この車の査定価格では正直厳しいので売ることができません。なので今回は無かったことに・・・」といってビシッと断って帰る様子を見せれば営業マンも諦めます。

仮にその場で交渉拒否しづらいときには、「とりあえず、数日、考える時間をもらえますか?」「他の中古車買取専門店の評価額を聞いてから判断させてください。」とか「家族と話し合って、明日以降に返事します。」といって後は車買取業者にメールや電話で断るという方法もあります。

対処法2:同日同時刻にできる限り多くの中古車買取専門店を呼び出して同時査定を行う。

一度に複数の中古車買取業者に対して同じ場所、時間に出張査定で呼び出す方法を同時査定といいます。そして、呼び出した中古車買取専門店にオークションみたいに競りを行ってもらいます。最初の値段は下取り査定価格よりも5~10万高く設定して競争させて一番高い査定価格を掲げてきた車買取査定業者に売れば完了です。

同時査定が終われば、車の売り先が他店にも伝わりますので他店から見れば車を手に入れるという目的がなくなりますので、営業マンはさっさと帰っていきます。

(※同時査定は必ず売るということを前提になっています。売りたいという意思を示さないお客の場合真剣さが伝わらずお店も本気にならないので高値を伝えてこないと考えた方がよいでしょう。ですので、必ず事前にディーラーへ行って下取り査定価格を把握しておきましょう。下取り査定価格を知っておくことで、その価格に5万~10万円上乗せした価格を競りのスタート値にしておけば、売却で失敗することはありません。)

事前に電話で「車買取店の方達に一度に集まっていただきオークションみたいにセリをおこなっていただき、一番高い車買取査定業者に売ろうと思います。ちなみにスタート値は〇〇万円(スタート値はディーラーで調べた下取り査定価格+5~10万円に設定してください。)です。」と伝えておくとよいでしょう。「他にどのお店に依頼したのですか?」と言われた場合には「どこに来てもらうのかまだ話し合いの段階なので当日になってみないとわかりません。」と言っておくのが得策です。

車買取店の営業マン同士で裏で仲がいいこともあるという話を聞きますので、口裏を合わせられないためにも他店中古車買取業者の名前はださないほうが安心です。

車買取業者の営業マンたちが集まったら以下のように呼びかけます。同時査定は頻繁に行われている手法ですのですすんで挑戦あるのみです。

「本日はお集まりいただき有難うございます。この車のスタート値は○○万円からにしたいと思いますので、もっとも高い査定価格を掲げられたお店に売却したいと思います。それではセリをスタートしてください。」

こんな感じで行動を促すと

A社「70万円」B社「・・・」C社「78万円」

B社「それなら80万円」D社「81万円いや85万円!」

A社「・・・」B社「・・・」C社「・・・」「他にいないですか?それではD社さんに車を売却したいと思います。」

こんな感じですすめていくのが理想です。

大事な事なので繰り返しになりますが、セリのスタート値は前もってディーラーの下取り評価額の査定をしてもらい掲げられた価格よりも5~10万円ほど上乗せしておくと下取り価格よりも上乗せして売却することができますので安心です。

また、下取り査定のやり方として、ディーラーに「家族と相談してから乗り換えを考えているのですけど、もし、この車を下取りしてもらうと、どのくらいの査定価格になりますか?」のように下取り査定価格を聞き出しましょう。

そして、ディーラーの評価は1社のみだと偏りがでてしまうことが多いので、トヨタ、日産、ホンダなど2~3社のメーカーを別々にして下取り査定してもらったほうが掲示してくるプライスの違いも知ることができます。

対処法3:個別交渉の場合、店舗スタッフに”あるセリフ”を言ってあきらめていただきます。

個別で1社ごとに値段交渉すると営業マンは「いくらぐらいなら買取額として納得されますか?」「時間が経てば経つほど価値って下がるんです。本日中に売ってくれるのであれば、○○万円で買取しますよ!」のようにセールストークを使用して急かしてくることがあります。

しかしながら、即座に売らなくても影響はありません。確かに時間が過ぎればすぎるほど値崩れするリスクは生じるわけですが、対象の車がモデルチェンジとかリコール問題の発生とか外的な要因がなければ、1か月~2か月くらい後で売っても、それほど値崩れしないことが多いです。

なので、「他の買取店にも査定してもらった後で、判断したいと思います。」、「家族と相談するので、またあとで返事をします。」といって、その場は一旦営業マンに帰っていただくのがベターな方法です。

そして査定スタッフが帰ったら翌日あたりに車買取業者に連絡して断れば、ぴたりと来なくなります。

万が一、断ろうとしても査定スタッフがしつこくて帰ろうとしないときには、「これから出かける用事があるのですが・・・」と切り出して、それでも帰らないときには、「しつこくないですか?帰っていただかなければ本社に連絡しますよ!」といえば、営業スタッフも怖気づいて帰ります。

営業スタッフも営業成績が第一なので、本社に連絡を入れられると痛手になりますので本社の話をすることは有効です。ただ、できる限り事を荒立てるのもどうかと思いますので、かなりしつこい場合だけに最終的な手段として用いるようにしましょう。

一括査定事業者を申し込むと電話が鳴りっぱなしになるのはホント?

通常の一括査定サイトでは申し込むとすぐに1社あたりメール1~2回、電話が1回~2回きたりします。(※JPUC会員のお店は”夜9時以降は電話をかけてはいけない。”というガイドラインがあるため、早朝8時以降にかかってくることが多いです。)

このようなことから、5社の車買取査定業者に一括査定で申し込んだ場合、電話だけで連絡が5~15回も来てしまいます。最初は予想していなかったので、私も初めて一括査定サイトを使用したときに、結構戸惑ってしまったことを覚えています。

こういうように電話がいっぱいかかってくるとビギナーの方は焦ってしまうので”電話の嵐”だとか”鬼電”なんて巷では言われています。これだけ電話やメールが来ると慣れてないと裏事情がわかりにくいので不安になってしまうのも当然かと思います。

ですが、車買取業者が嫌がらせで電話やメールをしているのではない点を知っておく必要があります。あくまで他店に先を越されると困るので、ちょっとでも早くコンタクトを取りたがっているということだけなんだということは知っておく必要があります。

車買取業者が電話をかけてくる理由は、他のお店よりも早く車を買い取りたいということだけなので、このような裏事情を知るだけで気が楽ですよね。

ですので、最初だけは車買取業者から電話とメールが来ますが、その次の日くらいになると、一部の車買取店だけを除いてほとんどかかってこなくなります。一番はじめの連絡がとれないと、”もう車を売ってしまった”と考え、あきらめてしまうということが背景にあります。

こういう裏事情があるので万が一、電話で断るときには「すでに売りました。」で十分、断ることができます。

極力電話でのやり取りを避けたい時の対処法3つ

対象法1:カーセンサーでメールのみの対応で申し込む

カーセンサーでメールだけでの対応のやり方は申込ページに売却希望時期などご希望がある場合はこちらをクリックという場所がありますのでクリックして”メールのみの連絡を希望”とすることで電話をできる限り来なくさせてメールのみでやり取りができるようになりますのでぜひ試してみてくださいね。

メールがたくさんくることってあるの?

メールがたくさん来て困るという話はよく聞きます。私も一括査定サイトに申し込むとメールがいっぱい来ますが、あくまで最初が一番多いです。特に自動返信メールが多い気がします。

一括査定申込後に届くメールは次の2種類です。一括査定業者からの登録完了メール(1通)車買取査定業者からのコンタクトメール(1~2通、多いところでは3通)になります。

カーセンサーに申し込むと登録完了メールがきます。

かんたん車査定ガイドに申し込むと登録完了メールがきます。

中古車買取専門店からのコンタクトメール(ビッグモーター)

中古車買取専門店からのコンタクトメール(カーセブン)

メールの数が多いのは最初だけです。車買取専門店は車が欲しいからメールをしてくるだけなので、時間が経過するにつれて車を買い取れる可能性が減るのでメールが来なくなります。

ちなみに私はフリーメールアドレスで一括査定に登録しているので、メールがたくさん来ても特に気になりません。フリーメールアドレスとはヤフーメールGメールなどの無料のメールサービスです。いつでも解除できるので、使い捨てメールとして使用している人も多いです。

プライベート用のメールアドレスで登録するのに心配な方はフリーメールアドレスで登録するようにしましょう。

契約書にサインした後ではキャンセルできないって本当?

売買契約書にサインをした後で”他にもっと比較的高値で買取してくれるお店ができた場合”や”急に車を売る余裕がなくなった場合”、または”営業マンに車に欠陥部分があると指摘されて減額を再交渉されたとき”など「やむを得ない事情ができたからキャンセルしたい」ということがでてくることもありますよね。

そういう場合にキャンセルできるかどうかは以下の段階ごとに考えていきましょう。


まず車の売却先がjadri加盟店である場合は契約後にすぐのキャンセルを認めているので早期なら売却先の本社に連絡することでキャンセルできます。

jadriに加盟している車買取店の売買契約書にサインしてしまったけど車は引き渡してない場合(※営業マンがいくらキャンセル料がかかるといっても、それは営業成績が目的のためにキャンセルされたくないからということが多いです。なので営業マンのいうことを聞くのではなく本社に事情を説明してキャンセルをしたいことを伝えましょう。)


車が手元にある場合は契約後2、3日ならキャンセル料はまず発生しないので、売り先の本社に連絡することで一発解決してしまいましょう。

すでに車を引き渡したけど、3日以内の場合でも車を他の買い手に売却してないときにはキャンセルできる可能性が高いです。

ほとんどは本社に連絡すると解決してしまいますが、それでもだめなら日本自動車購入協会または消費生活センターに連絡することでアドバイスがもらえます。売買契約書にサインしたけど車はすでに売り渡してしまい4日経過していた場合ですでに買い手がついて転売されてしまった場合にはあきらめる以外ありませんので本社へのキャンセルの申し出は早めに行うようにしましょう。

車が転売されてない場合でも契約書にはキャンセルできないと書かれている場合はキャンセルできない可能性が高いですが、買取店によっては対応してもらえる可能性もないとはいいきれないので本社に電話やメールでコンタクトをとることで相談されることをおすすめします。

え!?愛車が下取りよりも高く売れる!?試してわかった一括査定サイトランキング!

愛車を売りたい!でもどこで売ればいいのかわからない・・・
そんなあなたにおすすめなのが一括査定サイトです。

一括査定とは多くの車買取店に愛車の見積もり査定をしてもらい
一番高い価格をだしてきたお店に売却することを目的とした
愛車売却法です。

段組スマホつづき2

私はこの一括査定のおかげでホンダライフを下取り価格よりも
26万8000円も高く売ることができました。

同じ売るだけなのにボーナス一回分も違ってくるのは
かなりデカいですよね。

逆にいえば売る場所を真剣に選ばないと
知らないうちに数十万円の損をしてしまうリスクが
あるともいえます。

一括査定は多くの買取店に見積もり依頼すると
1つのお店につき1~2通くらいの電話やメールが来るようになっているので
なれてない方ですと、とまどってしまいやすいです。
(私は電話がとても苦手でした。)

主に連絡来るのは申し込んだ初日だけですので
次の日になると嘘のように連絡が来なくなるものです。
そのようなシステムになっているんだと思います。

まれに営業熱心なセールスマンから電話があったりしますが
「もうすでに売却しました」といえば電話がまったく来なくなります。

もし電話のセールスが怖いという方は参考にしてみてくださいね。

また、どうしても電話が苦手という方は極力メールのみの連絡設定ができるのが
以下でご紹介のカーセンサーです。

他にも私が利用したことがある、おすすめな一括査定会社は
それぞれ特徴がありますので、
以下にランキングとしてまとめてみました。

お車を高く売るチャンスを逃している方にはぜひ
参考にしていただけたらと思います。

以下の方におすすめです。

チェック印電話が苦手な方

チェック印トラブルを徹底的に避けたい方

チェック印より多くの買取店を選んで高額買取をしたい方

チェック印個人情報保護を厳守が前提な方

チェック印信頼できる大手を利用したい方

該当する方はぜひ以下のランキングを参考にしてみてくださいね。

車一括査定サイト比較ランキング

和歌山県のおすすめ車買取業者まとめ


和歌山県のおすすめ車買取業者
和歌山県和歌山市のおすすめ車買取業者
和歌山県海南市のおすすめ車買取業者
和歌山県橋本市のおすすめ車買取業者
和歌山県有田市のおすすめ車買取業者
和歌山県御坊市のおすすめ車買取業者
和歌山県田辺市のおすすめ車買取業者
和歌山県新宮市のおすすめ車買取業者
和歌山県紀の川市のおすすめ車買取業者
和歌山県岩出市のおすすめ車買取業者
和歌山県紀美野町のおすすめ車買取業者
和歌山県かつらぎ町のおすすめ車買取業者
和歌山県九度山町のおすすめ車買取業者
和歌山県高野町のおすすめ車買取業者
和歌山県湯浅町のおすすめ車買取業者
和歌山県広川町のおすすめ車買取業者
和歌山県有田川町のおすすめ車買取業者
和歌山県美浜町のおすすめ車買取業者
和歌山県日高町のおすすめ車買取業者
和歌山県由良町のおすすめ車買取業者
和歌山県印南町のおすすめ車買取業者
和歌山県みなべ町のおすすめ車買取業者
和歌山県日高川町のおすすめ車買取業者
和歌山県白浜町のおすすめ車買取業者
和歌山県上富田町のおすすめ車買取業者
和歌山県すさみ町のおすすめ車買取業者
和歌山県那智勝浦町のおすすめ車買取業者
和歌山県太地町のおすすめ車買取業者
和歌山県古座川町のおすすめ車買取業者
和歌山県北山村のおすすめ車買取業者
和歌山県串本町のおすすめ車買取業者